思春期の子育てカウンセリング

​~思春期の子どもとの関わり方でお悩みの方へ~

このカウンセリングで目指すこと

○思春期の子どもとの関わりが楽に、楽しくなる

○思春期の子どもの特性を知る

○思春期の子どもを育てる親自身が幸せになる

※ご希望があれば、お子様ご本人のカウンセリングも行います。ただし、18歳未満のお子様のカウンセリングには保護者の同意が必要です。

​私が思春期の子育てカウンセリングをする理由
 
私が思春期の子育てカウンセリングをする理由。それは・・

私自身が子育てでずいぶん多くの間違いや失敗、逆に成功や正しさも山ほど経験してきたから。

また、私が子どもだった頃、どんなことを感じ考えていたのか、今でもリアルに覚えているから。

特に思春期の頃は、大人にある種の絶望感さえ感じていたから。


どれだけ時代が進んでも、そんな生の体験や痛み、そこから学び得たものは、知恵の宝庫として私の中に詰まっています。

それらの知恵に、心理の専門家としての知識やスキルを合わせる。
それが私のスタイルです。

では、子育てでの私の生の体験って?ここでその一端を暴露(笑)。

私には息子と娘二人の子どもがいます。現在は二人とも成人しましたが、子どもたちが小さいころ、私には子育てはとても苦しく難しいものでした。


​子どもをかわいいとか愛しているなどとは全く思えず、ただただ義務として、育児書通りの子育てをしていました。

​そんな「義務」に、当時私が抱えていたゆがみがもたらした「支配」も加わって、それはひどい子育てで(笑)。

けれどある時点で私の心身が限界に達し、そこから自分自身を見つめなおすと同時に、子どもとの関わりも見つめ直しました。

そして、気付いたことがあるんです。

子どもは子どもであると同時に、私と同じ対等な人間なのだと。

それは当たり前のことですね。でも当時私にそんな実感はなく、思い通りにならない子育てに苦しみ続けていました。

何年も時間をかけて子育てを見つめなおし、子どもたちとの対話を重ね、今では子どもたちとの関わりは180度転換して、子どもたちと人と人として、対等で快適な関係を築けています。


子どもにとって親は人生で最初に見るお手本です。私自身の子ども時代を振り返っても、子どもにとって親が大きな影響を及ぼす存在であることは確かで。

だからこそ、では一体どんな風に子どもと関われば良いのか。どの親も悩むんですよね。

特に、自我が芽生え始めた思春期の子どもたちとの関わりでは悩むことも多く、子育てが難しいと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私自身も、思春期の頃は、周囲の大人たちを冷静に客観的に、ある種の冷やかさをもって見ていましたし、大人が嫌いでした。

そしてね、今振り返ると、もしあの頃、私を一人の人として尊重する大人が周りにいたら、人の世というものに対する見方が違ったのではないかなあって思うんですよね。

長い人生で思春期って特別で、特有のきらめきや苦しさがあって、何もかもが濃く、その影響も後の人生に多く残ります。思春期は人生の起点。そう言っても良いと思います。

だからね、思春期の子どもたちと、その時期の子どもたちに関わる親御さん自身がより快適に、より楽にいてほしい。本当にそう思います。

​そんな理由から、私は思春期の子育てカウンセリングを行っています。


子どもを持つ親御さんに私が最も伝えたいこと。

それは・・

子どもを幸せにしたいのなら、あなた自身が幸せになることです
 
いうこと。

子育てに正解はありません。
でも、親が幸せなら子どもは幸せだという私の信念は、真理・真実だと思います。
 
子育てで数々の失敗や間違いや成功、幸福を味わってきた私ならではの「まず親が幸せになるカウンセリング」をお届けしたいと思います。
 
​☞私の『やばい子育て』についてのトーク動画をYouTubeで公開しています。よろしければお楽しみください(*^_^*) ↓↓↓

☞料金

初回 

90分・・8,000円

継続 

60分・・8,000円

90分・・12,000円



​どんなお悩みでも、臨床心理士・公認心理師資格のあるカウンセラーが対応いたします。

​まずは一度お気軽に。

ご予約をお待ちしております。

そらいろカウンセリング神戸芦屋

兵庫県芦屋市東芦屋町8-5
ライフイン芦屋壱番館102

阪急電鉄神戸線 芦屋川駅 徒歩4分

開室:11時~21時(不定休)

88E4CD4E-22AF-44D4-A446-ABC4BB3D06D8.jpeg